通常訴訟のデメリットとは

本07通常訴訟というのは、民事訴訟の一種です。原則的な規定に習った通常の訴訟の意味で用いられています。どの種類の法的な方法を選ぶかは、争いの内容や金額で異なってきます。通常訴訟の場合は、請求の金額が140万円以下のときは簡易裁判所がその管轄になります。それ以上の金額の場合は、地方裁判所になります。裁判所に訴えを起こして権利を主張して、紛争を判決によって解決をします。訴える内容や金額には制限というものはありません。通常訴訟のデメリットとは、時間がかかるということが上げられます。判決までに、1年以上を要することが多くあるのです。手続が厳格であることが特徴です。そして、専門知識も多く必要になります。また、代理人としては弁護士に頼るしか方法はありません。そのために費用が多くかかるのです。例えば、少額訴訟の場合は、弁護士でなくても裁判所が許可する者なら代理人になることが可能です。そのため、コストを低く抑えることが可能なのです。このようにデメリットとは、通常の手段よりも時間と費用がかかるのです。勝訴をしたとしても、相手が支払い能力の無い場合には、訴状にかけた費用も無駄になってしまうので、事前に十分考慮しておくことが大切です。

コメントは受け付けていません。