フローチャートについて

本02フローチャートというのは日本では従来から流れ図と呼ばれていたもので、工場などでは流れ作業図とも呼ばれています。弁護士などが弁護をする場合などにも、裁判に必要な資料などを把握するために時系列のフローチャートなどを活用する必要があります。
フローチャートを使用するメリットは、メモ帳などで仕事を管理する場合よりも、プロセスの順序や関連性を把握することができるので、間違いを起こすことが少ないということと、どの程度のスケジュールがかかるのかを把握するのが容易になることなどがあります。
この表を用いることで、それぞれの作業の日程を把握できるので、作業工程の無駄を省くことが出来ます。また見た目が非常にわかりやすいので、難しい作業をする場合などでも、安心してスケジュール管理をすることができます。最近ではプログラミングに使用されることが多くなっていますが、事務処理などでも昔から使用されているツールです。
フローチャートはプロセスのある側面をわかりやすく描いたものなので、ダイヤグラムなどを使用し、補完されることも多く、品質管理の7つ道具としてグラフや、ヒストグラム、パレート図、チェックシート、管理図、特性要因図などと共に重要視されています。

コメントは受け付けていません。